Return to site

TALKのESL-421コースで3か月英語を勉強したベトナム人生徒のインタビュー。

バギオとTALKアカデミー、YANGCOセンターについて。

こんにちは皆さん、私はベトナム人のトレーシーです。私は母国で7年間英語を勉強していましたが、実際に英語を話す環境がなく、英語力はあまり向上しませんでした。英語を上達させるためにフィリピンに行くことを決めました。バギオを選んだ理由は私の目標を達成するのに良い場所だと思ったからです。

バギオはフィリピンで最も安全な都市のひとつで、フィリピンでも最高の教育都市と知られており、また観光地でもあります。穏やかな山の気候は、心身を和らげる新鮮な空気がたっぷりとあり、勉強とリラックスができる快適な雰囲気です。

バギオは、フィリピンの優れた教育都市として高く評価され、多くの優れた大学と質の高い教師が集まります。ほとんどのフィリピン人が英語を上手に話すことができ、どこにいても英語を上達させる機会があります。フィリピンでの勉強の費用は非常に手頃なことも利点です。 TALKで私が受ける1日の授業時間は7-11時間、週5日で、授業外での英語でコミュニケーションをとる必要があります。これは英語のスキルを向上させるために最も効果的な方法だと私は思います。バギオに行くにはバスでマニラから5時間旅行する必要がありますが、私はここで生きて勉強する事ができてとても幸せです。 設備に関しては、キャンパス全体が小さく、設備が整っています。1つの建物の中に、ダイニングエリア、教室、学生用の寮などがあります。また、より学習に集中したい人、プライベートなエリアに滞在したい人、自分自身のために料理をしたい人のための特別なグリーンハウスもあります。学生の勉強時間と健康を最大限にするために、TALKは様々なメニューで食事を提供しています。ですから、毎日の食事を心配する必要はありません。また、ハウスキーピングサービスとランドリーサービスが無料であり、学生は勉強をすることだけに集中することができます。

下の写真はYANGCOセンターの写真です。

スパルタの学習のタイプは管理上非常に厳しいものです。学生は平日に外出することはできません。毎日の語彙テストと夜間クラス(オプション)を取らなければなりません。学生がオプションのクラスを取っていない場合、外出をすることができますが、22:00までに学校に戻らなければなりません。ルールを破ると厳しい罰金と警告が付きます。週末は無制限に出かけることができますが、事前に学校に知らせなければなりません。

学生のマネージャーとスタッフはとても親しみやすくフレンドリーです。質問があるときはいつでも、彼らは耳を傾けて私の質問を丁寧に聞いてくれます。不安な海外生活も心配することはありません。

フィリピンの教師による1:4のグループのクラスを2つ、アメリカの先生のグループのクラスを1つが含まれる、ESL-421コースを受講しました。初日には、プレイスメントテストを受けて、聞き取り、会話、読解、筆記での英語力を測りました。このテストは3時間続きます。レベルテストの結果に基づいて、すべての生徒のニーズに合うようにスケジュールを作成されます。マンツーマンのクラスは、教師が1人の学生だけに焦点を当てているので、簡単に知識を得ることができます。短期間で英語のスキルを上達させるのに非常に有効だと私は思います。

私は授業内容をしっかり理解することができずに苦しむ時もありました。教師は英語でしか説明をすることできないので、英語を通して理解し合えるのが難しいです。しかし、ここにいるすべての教師は優れた教授技能、社会的知識と教授法と教育に対する熱意を持っており、私は先生達に感謝しています。

ディスカッションに焦点を当てたグループクラスでは、韓国、台湾、日本、中国、サウジアラビアなどの国から来た生徒と、フィリピン人の先生と一緒に会話をします。毎回の授業で、トピックが異なりクラスメイト達と新しいアイデアを共有することができます。グループのクラスは、異なる国から来た学生と異なる文化についてもっと学ぶことができるので興味深いです。

発音教室では、生徒の発音を改善、修正をすることが目的です。アメリカ、イギリス、オーストラリア出身の教師が発音の規則を教えているので、とても効果的です。ネイティブ講師からは発音だけではなく、彼らの文化を知ることもできます。

TALKの特別な特徴の1つはEOP(English Only Policy)です。すべての生徒はボキャブラリーテストと食事時間を除き、8時から10時まで英語を話さなければなりません。

TALKは、アクティブクラスの会話、サバイバル英語、スピードコミュニケーション、発音などの特別に設計されたナイトクラスのコースを無料で提供しています。

アカデミー滞在の最初の1ヶ月間、私は毎晩、語彙テスト(19h - 20h)と夜間クラス - 発音(20h - 22h)を受けました。ナイトクラス - 発音のクラスでは私は先生から、イントネーション、発音、日常の練習について教室内だけでなく教室外でも教えられました。しかし、7時間の授業時間と、3時間の勉強の他に翌日の宿題をする必要があるため、疲れますが、諦めず勉強を続けました。1か月の努力の結果、私の発音スキルは大幅に向上し、最終試験の結果では満足できる点数を取ることができました。

授業で過ごす時間を最大限にするため、私はいつも翌日のレッスンに向けて準備をしました。 クラス外では、私は会話のスキルを向上させるために教師と話しました。また私のルームメイトは異なる国から来ているので、お互いにコミュニケーションを取って英語を練習する機会が常にあります。私は3ヶ月のコースを修了した後、自分の英語力に自信を持って、友人、先生、さらには地元の人々とコミュニケーションを取ることができるようになりました。 3ヶ月の滞在を通して、私は他の国々から来る多くの新しい良い友達を作ることができました。

皆さんすでに知っていることだと思いますが、英語を学ぶには時間がかかります。そのためには、多くの努力が必要です。時には私は宿題やホームシックに悩んだこともありましたが私は目標を達成するために全力を尽くしました。

留学は英語力を向上させることはもちろんですが、今までにない経験と、新しい友達を作り、他の文化について理解できるチャンスでもあります。私はあなたもフィリピンのここで勉強してくれることを願っています。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly